スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンメータでも安心してください。文句は言いませんよ。

東京に、国際自動車というタクシー会社があります。

先日、タクシー乗り場(つまり付け待ち)から、ワンメーターの距離を乗ることがあって、 「悪いなあ」と思いながら、乗りました。

そのことを車内で運転手さんに話すと、 「うちの会社の車だったら、嫌な顔をすることは絶対ありませんから、安心して乗ってください」と言われました。 こういう会社だと、安心して乗れますよね。
スポンサーサイト

初乗料金の値下げについて

国土交通省がタクシーの初乗り料金の値下げを検討しているようです。 個人的には大賛成です。 実は10年前からそう思っていました。

たぶん売り上げはそんなに増えないと思うのですが、 空車の時間は確実に減ると思います。

どうせ同じ距離を走って、同じ売り上げなら、 空車の時間が短いほうが、精神的に楽ですよね。 ちなみに、福岡には初乗り300円というタクシーもあるそうです。

タクシードライバーの職業病 「痔」


今月、ついに、私も痔になってしまいました。
先輩たちが痔で悩んでいるのを見ていたのですが、
まあ自分は大丈夫だろうと思って、油断していたのが災いしたようです。

私の場合、切れ痔で、とても痛みます。
痛まないときは、とてもかゆいです。
かゆくてかゆくて、運転中なのに、もじもじしてしまいます。
そして、大便するたびに、ティッシュに血がつきます。
生生しい話ですみません。

最初は、薬局で買った塗り薬で対処していたのですが、
病院に行ってきました。
また、痔の本を読んだり、先輩に聞いたりして、
痔の対策がわかってきたので、まとめて紹介したいと思います。

・おしりを温めるとよい
冬場は、運転席の肛門があたる部分にカイロを敷く。
たまに、お客様に見られてしまうことがありますが、そんなに不自然ではなさそうです。

・大便をする時には、前かがみの姿勢でいたす。
これは、肛門科の先生から教えてもらったのですが、
直腸はまっすぐではなく、少し曲がっているようです。
この姿勢だと、肛門の負担が少なくなるようです。
あと、力んではいけないようです。
水をたくさんのんだり、少し運動したりして、スムーズに排便しやすくするとよいそうです。

・刺激の強い食べ物を控える。
キムチ、激辛のものなどを控える。



さっき、タクシーに乗ったら

先ほど、私用で、タクシーに乗って、行き先を告げた。 初めて行く場所なので、道は知らなかった。 でも、運転手さんが知っているふうだったので、そのまま任せていると、500メートルも行きすぎて、とまった。 しかも、いかにも場所が合っているという感じで、この辺りでいいですかと言いやがった。 こういう接客が、クレームに繋がるんだな。

雑談ネタ

「スイカで支払っていただいても、別に領収書を出すこともできますので、おっしゃってください」

こういうと、とても、喜ばれます。

保育園のイベント

多くの保育園では、運動会、発表会などがあります。

こうしたイベントには、両親はもちろんですが、祖父母の方も来ることが多いです。
ほとんどの場合、駐車場の確保が難しいため、保護者の方は車ではなく徒歩やバスで来園することになります。

行きはそれでよいのですが、帰りはだいたい子供たちと一緒に帰ります。
そして、外食して帰るというケースが多いのではないでしょうか。

こうした人の流れを読み、上手に営業している人がいます。
自分の得意な地域の保育園のホームページをチェックし、
イベントが終わる時間に、タクシーを付けておくと必ずお客様が乗ってくるそうです。

タクシー運転手の協調性

タクシー運転手は、他の職業と比較して、協調性が少なくても勤まる仕事だと思われています。

ある意味、これは正しいと思います。
運転手は、社内にいることがほとんどないので、協調性がなくても稼ぐ人は稼いでいます。
私の知る限り、営業成績上位の人に、協調性が高い人は少ないと思います。
むしろ、その逆のような気がします。

ある会社の幹部に聞いた話なのですが、その会社で営業トップの運転手は、社内に親しい人は一人もいないそうです。
でも認めてくれている人は認めていて、たまによい配車を回したりしているそうです。

逆に協調性が売上の邪魔になるときがあります。
例えば、業務を教えてくれた先輩の乗務員から、「今日は空港待ちでのんびりしようや」と誘われたとします。
そこで、上手に断れればよいのですが、
協調することを優先して誘いに乗ってしまったら、その後もずっと付き合うことになってしまいかねません。

どの仕事でも、社内の人間関係には苦労しますね。

タクシー会社で新卒採用!

今日、新聞を読んでいて、ちょっと衝撃を受けました。

東京の某タクシー会社が、大卒者の新卒採用を行っており、
5名の応募があったとのこと。

希望採用人数は20名のようでしたが、
5名もの学生が、タクシー会社に応募するとは、なんとも驚きでした。

その会社は、けして大手ではなく、
登録車両は100台程度です。

大卒の新卒者がどんどんこの業界に入ってきてくれると、
業界イメージは上がると思うので、歓迎したいです。

お客様への声がけ

私が新人の頃、お客様と何を話して良いか分からなくて悩みました。
もともと、それほど明るい性格でもないため、
行き先を聞いた後は、お客様が話しかけてくれない限り、目的地までずっと沈黙でした。

お客様とよく話すという人にコツを聞いてみると、
最初の声がけによって、お客様が話しかけやすい空気を作るとよいそうです。

具体的には、
「エアコンの温度はよろしいでしょうか」
「経路の指定はありますか?」

といった、単純なものでOKです。

この言葉をゆっくり、丁寧に話すとよいです。

最近の新人研修では、こうした細かいコツも教えてくれるそうですが、
会社によっては、そこまで教えてくれないこともあるようです。


予約率90%のタクシー会社


「プレジデント」という経営者向けの雑誌の2014.3.17号に、
長野県の中央タクシーという会社が紹介されていました。

この会社は、予約率が90%だそうです。
つまり、ほとんど流しをせずに営業できていることになります。

手動でドアサービスをする、お客様の乗車時に自己紹介をするなど、
東京では考えなれないサービスを展開されていますが、
逆に地方だからこそできるサービス、都会では絶対に真似できないサービスなのかもしれません。

最初はドライバー達から、かなりの反発があったそうですが、
結果として売上がどんどん向上して、流しをせずにすむようになってきたので、
今では当たり前のように実践されているようです。

ちなみに、東京でも手動ドアサービスをしている会社がありました。
でも、お客様からうざいという声があったこと、迅速な乗車が難しいなどの理由から廃止になったそうです。

また、自己紹介をするというサービスについても、
都会では、うざいと思われることが多い気がします。
女性のお客様だと、気持ち悪がられて、すぐに降りられそうな気もします。
全部がそうじゃないと思いますが。

ソチオリンピック

ソチオリンピックで、市内のタクシーで簡単な英語さえも通じなくて問題になっているという新聞記事が出ていました。
これまで国際的に無名な都市であり、観光客も少なかったため、こうした問題が出たそうです。

2020年に東京オリンピックが開催されますが、
その時までには、簡単な英会話くらいできるようになっておきたいですね。

英会話ドライバーを優先的に配車するというような運用になるかもしれませんね。



西新橋と西新宿


ついにやってしまった。

西新橋と西新宿を間違えてしまいました。

東京圏以外の方に説明すると、この2つの場所は、
距離にして約10Km離れています。

東京都内しかも都心部の10Kmというのは、かなり遠いです。
すいている時間帯でも30分以上はかかります。

お客様はかんかんです。

謝り倒して、料金をただにして、
やっと許してもらいました。

付け待ちから流しに変えるタイミング

タクシー乗り場等で付け街をしていると、その乗り場の数十メートル前方でタクシーを待っていそうな人が立っていることがよくあります。

こういう人は、ワンメーターである可能性が高いです。
お客様としては、ワンメーターなのに、付け待っているタクシーに乗るのは申し訳ないという心理が働くため、
わざわざ流しを探すのです。

こういう時、私なら、迷わずに発進させてそのお客様を乗せます。
ワンメーターの可能性が高いですが、待っていてもワンメーターの可能性もあります。

また、こういうお客様は、運転手に対する気遣いができる方なので、概してマナーが良く、
道も知っています。
だから、トラブルになることがまずないからです。


嫌われるタクシー運転手


先日、客としてタクシーに乗る機会がありました。

その時の運転手に超むかついたので、ここで書きたいと思います。

まず、全てタメ口で返してきます。

私:○○までお願いします。

運転手:○○なら、○○通りからでいいよね、

私:はい、お任せします。
どれくらい時間かかりますか?

運転手:そんなのわかんねーよ。
混んでるし。

私:そうですか。。。

とまあこういう感じです。


今時、こういう運転手もいるんだなと思いました。

こういうタクシーには二度と乗りたくありませんね。


タクシー運転手が稼げる土地ランキング

タクシー運転手が稼げる土地ランキングです。

勝手にランキングしたので、統計的な数字はないですが、発表します。

1位 東京23区
2位 横浜、川崎地区
3位 東京都下
4位 京都


京都は、観光目的での利用が多いです。
英語は話せると有利とか。



信号待ちは先頭で止まる

信号待ちは先頭で止まる

これ、運転手の常識です。

そうしないと、信号待ちの時間が死に時間になってしまうからです。

先頭で止まっていると、信号待ちの間にお客様が乗ってくれることがあります。

タクシー 客層について

タクシーに乗ってくれるお客様の客層は、場所によって異なります。
たとえば、深夜の東京だと、

極端に言うと、こんな感じです。

銀座、赤坂・・・・・大手企業の接待客が多い
新宿、渋谷・・・・・夜遊びしている若者が多い


当然、銀座、赤坂のほうが、ロングが出やすく、お客様のマナーも良いです。
このため、古くからやっている運転手の方は、新宿や渋谷を嫌がることもあるようです。

新人は、ここがねらい目です。
ベテランが敬遠するような場所でもどんどん行きましょう。

一般的に、新人はマナーが良いので、
マナーの面でトラブルになることは少ないですから。


タクシー運転手は長期休暇が取りやすい!

タクシー運転手というのは、一般的な会社員と比べて、長期休暇が取りやすいです。なぜかというと、休んでも、代わりの人がたくさんいるから。そして、給料が歩合給だから。

ですから、比較的稼げる月の最初と最後にまとめて勤務して、休みを2週間連続でとることもできます。その分、収入は減りますが。。。運転手の中には、夏は1ヶ月休んで海外に行くなんて人もいます。個人タクシーの場合、もっと自由です。3ヶ月くらい猛烈に仕事して、1ヶ月休むということも可能です。

タクシー運転手が覚えておくと便利な英単語

タクシー運転手が覚えておくと便利な英単語ベスト5を紹介します。


一方通行
One way

バス専用
Only Bus

右折禁止
NO RIGHT TURN

高速道路
High Way

渋滞
traffic jam.

自動車教習所の教員

タクシー運転手から自動車教習所の教員に転職した人がいました。

この仕事、結構なるのは難しいようです。
タクシー運転手とは難易度が雲泥の差、でも社会的地位はアップします。

聞こえもいいですしね。

こういうステップアップの道もあるのだと気付きました。

タクシーの自動日報

タクシー運転手には、営業記録(日報)を書くという面倒な仕事があります。どこからどこまで乗せて、料金はいくらで、合計はいくら、みたいなことを書きます。
このため、たいていの運転手は電卓を持っています。

しかし、最近の車両は、自動日報を導入しているようです。
GPSで、乗車地点と降車地点、料金などが自動で記録され、運転手はサインするだけというものだそうです。

便利になりましたね。

タクシードライバーの仕事(雑務)

タクシードライバーの仕事は運転だけではありません。
ざっと挙げてみると、
・運行前の点検
・LPガスの補充
・運行日誌の記入
・洗車

この中で、一番時間がかかるのが、洗車です。
会社によっては、1年目の運転手は、2時間かけて洗車するよう指導されることもあるそうです。

私は、この会社に面接に行ったことがあるのですが、
その話を聞いて、その場で入社を辞退しました。

パジャマでタクシーを待つお客様

入院施設のある病院の前に行くと、パジャマ姿でタクシーを待っている人がいることがあります。
だいたい、40代~60代くらいの男性です。
時間帯は午前中、もしくは14時くらいが多いですね。
タクシー乗り場には並ばず、流しのタクシーを狙っています。

彼らの正体はというと、パチンコや競馬に行く人なのです。
入院しているのに、いちいち着替えていては看護師さんに見つかってしまいます。
ですから、パジャマ姿で出かけるそうです。

最初は恥ずかしいそうですが、慣れてしまえば、全然気にならないそうですよ。




長岡タクシー

新潟県長岡市に長岡タクシーという会社があります。
この会社では、斬新的なサービスを続々と展開しています。

例えば、花粉症対策タクシー。
車内に専用のスプレーを置き、運転手さんがこまめにシュッシュッとスプレーして、
車内に花粉が残らないようにしているそうです。
スプレーのメーカーと提携して実現したサービスだそうです。

他にも、女性向けの「貴婦人タクシー」サービスなど、
ユニークなアイデアサービスがあります。

タクシー会社というと、幹部さんの頭が固く、
運転手も惰性で働く人が多いので、
なかなか斬新なアイデアが出てこないのですが、
こうした会社が増えていって、業界全体のイメージアップや社会的地位の向上につなげてほしいものです。

運行管理者の資格

運行管理者という資格があります。
タクシー会社の場合、一定の資格者が営業所に常駐していることが法律で義務付けられています。

この試験ですが、それほど難しくありません。
運行管理に関する実務経験が1年必要となっていますが、
ほとんどの方は講習を受けることで、実務経験が免除されます。

運転手として働くよりも、内勤に移りたい場合、
この資格を取っておくと有利になることが多いようです。

交通事故の示談金

交通事故の被害にあった場合、相手側の保険会社と示談交渉をすることになりますが、多くの場合、保険会社が提示する示談額をそのまま受け取る方が多いようです。

しかし、その示談額は本当に妥当な金額でしょうか?
実は、損害賠償額の算出方法には、自賠責保険基準、任意保険基準、裁判所基準という3つの基準があります。一般に自賠責保険基準が最も低く、裁判所基準が最も高額となっています。交通事故の示談の場合、いずれの基準を用いるかによって被害者の得る金額が全く違うものとなってしまいます。

保険会社では、できるだけ損害賠償額を低く抑えるための基準を採用しがちですが、別の方法で算出した場合、より多くの損害賠償額がもらえる可能性が高いです。また、後遺症認定に関しても、被害者の方により有利な認定を得ることも可能です。

年収800万円のタクシー運転手がいた

直木賞作家の志茂田景樹さんの息子さんの下田大気さんがタクシー運転手をしています。
彼の年収が800万円だそうです。

しかも、タクシー運転手をしながら、会社の経営もされているようです。
タクシー人材紹介の会社です。

最近、業界全体の売上が落ち込んでいると言われていますが、
頑張れば、800万円稼ぐこともできる業界だということを改めて実感しました。

大使館・領事館からタクシーに乗るお客様

大使館や領事館からタクシーを利用いただくお客様がいます。

先日も中国大使館から乗せたのですが、
オーバーステイの外国人の方でした。

詳しい話を聞くと、最寄駅まで行くまでに警察署があり、
大使館からの帰りに警察に捕まることがあるため、
大使館に行くときはいつもタクシーを利用しているそうです。

また、最寄駅から大使館に行くときもタクシーだそうです。

こういったお客様もいるのですね。
奥が深いです。

タクシー運転手と国際結婚


最近、うちの会社で国際結婚がブームになっています。
先月はタイ人と結婚した運転手がおり、今月は別の運転手が中国人と結婚しました。

2人とも、国際結婚の相談所経由ではなく、近くのマッサージ店で知り合ったそうです。
つまり、店員と客ですね。

2人によれば、食事に誘うのは難しくないそうです。
気軽にOKしてくれると言っていました。

お二人とも初婚で50代の方なのですが、
とっても幸せそうです。

相乗りのお客様歓迎

おばさん達は、タクシーに乗る時、明らかに方向が同じ人がいる場合、よく相乗りを提案しています。
「相乗りしませんか?」というと、たいてい喜んでOKしてくれるみたいです。

でも、なかなか言い出せない人もいますよね。

そこで、タクシー運転手側から相乗りを提案してみたらどうなのか、実験してみました。
場所は、都内某所。タクシー乗り場はないけれど、いつも空車のタクシーが並んでいる場所です。

他のタクシーから、ちょっと顰蹙を買うのを覚悟し、「●●駅まで相乗り歓迎します」という紙をダッシュボードに掲げて待っていると、いつもより待ち時間が少なかったです。

「ワンメーター歓迎します」という紙を置いておくと、さらに待機時間が少なくなりました!!

やはり、お客様もワンメーターの距離では、遠慮して載ってくれないこともあるのですね。

ワンメーターのお客様でもとにかく早く乗ってほしい時、おすすめの方法です。
月収45万円以上稼ぐには
最近の記事
お役立ち情報
カテゴリー
ブログランキング
車関連のおすすめサイト
FC2 Blog Ranking
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。