スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクシー運転手の協調性

タクシー運転手は、他の職業と比較して、協調性が少なくても勤まる仕事だと思われています。

ある意味、これは正しいと思います。
運転手は、社内にいることがほとんどないので、協調性がなくても稼ぐ人は稼いでいます。
私の知る限り、営業成績上位の人に、協調性が高い人は少ないと思います。
むしろ、その逆のような気がします。

ある会社の幹部に聞いた話なのですが、その会社で営業トップの運転手は、社内に親しい人は一人もいないそうです。
でも認めてくれている人は認めていて、たまによい配車を回したりしているそうです。

逆に協調性が売上の邪魔になるときがあります。
例えば、業務を教えてくれた先輩の乗務員から、「今日は空港待ちでのんびりしようや」と誘われたとします。
そこで、上手に断れればよいのですが、
協調することを優先して誘いに乗ってしまったら、その後もずっと付き合うことになってしまいかねません。

どの仕事でも、社内の人間関係には苦労しますね。
スポンサーサイト

お客様への声がけ

私が新人の頃、お客様と何を話して良いか分からなくて悩みました。
もともと、それほど明るい性格でもないため、
行き先を聞いた後は、お客様が話しかけてくれない限り、目的地までずっと沈黙でした。

お客様とよく話すという人にコツを聞いてみると、
最初の声がけによって、お客様が話しかけやすい空気を作るとよいそうです。

具体的には、
「エアコンの温度はよろしいでしょうか」
「経路の指定はありますか?」

といった、単純なものでOKです。

この言葉をゆっくり、丁寧に話すとよいです。

最近の新人研修では、こうした細かいコツも教えてくれるそうですが、
会社によっては、そこまで教えてくれないこともあるようです。


予約率90%のタクシー会社


「プレジデント」という経営者向けの雑誌の2014.3.17号に、
長野県の中央タクシーという会社が紹介されていました。

この会社は、予約率が90%だそうです。
つまり、ほとんど流しをせずに営業できていることになります。

手動でドアサービスをする、お客様の乗車時に自己紹介をするなど、
東京では考えなれないサービスを展開されていますが、
逆に地方だからこそできるサービス、都会では絶対に真似できないサービスなのかもしれません。

最初はドライバー達から、かなりの反発があったそうですが、
結果として売上がどんどん向上して、流しをせずにすむようになってきたので、
今では当たり前のように実践されているようです。

ちなみに、東京でも手動ドアサービスをしている会社がありました。
でも、お客様からうざいという声があったこと、迅速な乗車が難しいなどの理由から廃止になったそうです。

また、自己紹介をするというサービスについても、
都会では、うざいと思われることが多い気がします。
女性のお客様だと、気持ち悪がられて、すぐに降りられそうな気もします。
全部がそうじゃないと思いますが。

ソチオリンピック

ソチオリンピックで、市内のタクシーで簡単な英語さえも通じなくて問題になっているという新聞記事が出ていました。
これまで国際的に無名な都市であり、観光客も少なかったため、こうした問題が出たそうです。

2020年に東京オリンピックが開催されますが、
その時までには、簡単な英会話くらいできるようになっておきたいですね。

英会話ドライバーを優先的に配車するというような運用になるかもしれませんね。



付け待ちから流しに変えるタイミング

タクシー乗り場等で付け街をしていると、その乗り場の数十メートル前方でタクシーを待っていそうな人が立っていることがよくあります。

こういう人は、ワンメーターである可能性が高いです。
お客様としては、ワンメーターなのに、付け待っているタクシーに乗るのは申し訳ないという心理が働くため、
わざわざ流しを探すのです。

こういう時、私なら、迷わずに発進させてそのお客様を乗せます。
ワンメーターの可能性が高いですが、待っていてもワンメーターの可能性もあります。

また、こういうお客様は、運転手に対する気遣いができる方なので、概してマナーが良く、
道も知っています。
だから、トラブルになることがまずないからです。


嫌われるタクシー運転手


先日、客としてタクシーに乗る機会がありました。

その時の運転手に超むかついたので、ここで書きたいと思います。

まず、全てタメ口で返してきます。

私:○○までお願いします。

運転手:○○なら、○○通りからでいいよね、

私:はい、お任せします。
どれくらい時間かかりますか?

運転手:そんなのわかんねーよ。
混んでるし。

私:そうですか。。。

とまあこういう感じです。


今時、こういう運転手もいるんだなと思いました。

こういうタクシーには二度と乗りたくありませんね。


タクシー運転手が稼げる土地ランキング

タクシー運転手が稼げる土地ランキングです。

勝手にランキングしたので、統計的な数字はないですが、発表します。

1位 東京23区
2位 横浜、川崎地区
3位 東京都下
4位 京都


京都は、観光目的での利用が多いです。
英語は話せると有利とか。



タクシー 客層について

タクシーに乗ってくれるお客様の客層は、場所によって異なります。
たとえば、深夜の東京だと、

極端に言うと、こんな感じです。

銀座、赤坂・・・・・大手企業の接待客が多い
新宿、渋谷・・・・・夜遊びしている若者が多い


当然、銀座、赤坂のほうが、ロングが出やすく、お客様のマナーも良いです。
このため、古くからやっている運転手の方は、新宿や渋谷を嫌がることもあるようです。

新人は、ここがねらい目です。
ベテランが敬遠するような場所でもどんどん行きましょう。

一般的に、新人はマナーが良いので、
マナーの面でトラブルになることは少ないですから。


タクシー運転手は長期休暇が取りやすい!

タクシー運転手というのは、一般的な会社員と比べて、長期休暇が取りやすいです。なぜかというと、休んでも、代わりの人がたくさんいるから。そして、給料が歩合給だから。

ですから、比較的稼げる月の最初と最後にまとめて勤務して、休みを2週間連続でとることもできます。その分、収入は減りますが。。。運転手の中には、夏は1ヶ月休んで海外に行くなんて人もいます。個人タクシーの場合、もっと自由です。3ヶ月くらい猛烈に仕事して、1ヶ月休むということも可能です。

タクシーの自動日報

タクシー運転手には、営業記録(日報)を書くという面倒な仕事があります。どこからどこまで乗せて、料金はいくらで、合計はいくら、みたいなことを書きます。
このため、たいていの運転手は電卓を持っています。

しかし、最近の車両は、自動日報を導入しているようです。
GPSで、乗車地点と降車地点、料金などが自動で記録され、運転手はサインするだけというものだそうです。

便利になりましたね。

タクシードライバーの仕事(雑務)

タクシードライバーの仕事は運転だけではありません。
ざっと挙げてみると、
・運行前の点検
・LPガスの補充
・運行日誌の記入
・洗車

この中で、一番時間がかかるのが、洗車です。
会社によっては、1年目の運転手は、2時間かけて洗車するよう指導されることもあるそうです。

私は、この会社に面接に行ったことがあるのですが、
その話を聞いて、その場で入社を辞退しました。

パジャマでタクシーを待つお客様

入院施設のある病院の前に行くと、パジャマ姿でタクシーを待っている人がいることがあります。
だいたい、40代~60代くらいの男性です。
時間帯は午前中、もしくは14時くらいが多いですね。
タクシー乗り場には並ばず、流しのタクシーを狙っています。

彼らの正体はというと、パチンコや競馬に行く人なのです。
入院しているのに、いちいち着替えていては看護師さんに見つかってしまいます。
ですから、パジャマ姿で出かけるそうです。

最初は恥ずかしいそうですが、慣れてしまえば、全然気にならないそうですよ。




長岡タクシー

新潟県長岡市に長岡タクシーという会社があります。
この会社では、斬新的なサービスを続々と展開しています。

例えば、花粉症対策タクシー。
車内に専用のスプレーを置き、運転手さんがこまめにシュッシュッとスプレーして、
車内に花粉が残らないようにしているそうです。
スプレーのメーカーと提携して実現したサービスだそうです。

他にも、女性向けの「貴婦人タクシー」サービスなど、
ユニークなアイデアサービスがあります。

タクシー会社というと、幹部さんの頭が固く、
運転手も惰性で働く人が多いので、
なかなか斬新なアイデアが出てこないのですが、
こうした会社が増えていって、業界全体のイメージアップや社会的地位の向上につなげてほしいものです。

運行管理者の資格

運行管理者という資格があります。
タクシー会社の場合、一定の資格者が営業所に常駐していることが法律で義務付けられています。

この試験ですが、それほど難しくありません。
運行管理に関する実務経験が1年必要となっていますが、
ほとんどの方は講習を受けることで、実務経験が免除されます。

運転手として働くよりも、内勤に移りたい場合、
この資格を取っておくと有利になることが多いようです。

交通事故の示談金

交通事故の被害にあった場合、相手側の保険会社と示談交渉をすることになりますが、多くの場合、保険会社が提示する示談額をそのまま受け取る方が多いようです。

しかし、その示談額は本当に妥当な金額でしょうか?
実は、損害賠償額の算出方法には、自賠責保険基準、任意保険基準、裁判所基準という3つの基準があります。一般に自賠責保険基準が最も低く、裁判所基準が最も高額となっています。交通事故の示談の場合、いずれの基準を用いるかによって被害者の得る金額が全く違うものとなってしまいます。

保険会社では、できるだけ損害賠償額を低く抑えるための基準を採用しがちですが、別の方法で算出した場合、より多くの損害賠償額がもらえる可能性が高いです。また、後遺症認定に関しても、被害者の方により有利な認定を得ることも可能です。

急いでいるお客様への対応


急いでいる時、タクシーを利用することはよくあると思います。
そんな時、運転手が急いでくれたら、うれしいですよね。

お客様が急いでいたら、最初の発進は、少しだけ急発進にしましょう。
これで、急ぎますよという意思表示をします。

そして、赤信号でやむなく止まってしまったら、
「ちっ」と小さく舌打ちするのです。
そうすれば、お客様からクレームを言われることが少なくなります。

結果的にお客様の希望の時間につけなくても、
最大限努力したということは伝えられますので、
チップをいただけるかもしれませんね。

雨の日は稼げる

タクシー運転手になると、雨が大好きになります。
理由は簡単です。雨の日は、お客様が多いため、稼げるからです。

3月は雨が多い月です。
だから、3月だけは休日出勤するという人もいます。

私の友人は、後部座席に、お客様の濡れたかばんを拭くためのタオルを用意しています。
こうしたちょっとした気配りによって、固定客をGETできたようです。

通勤にタクシーを利用するお客様

世の中、不景気だといってもお金持ちはいます。
通勤にタクシーを利用している人も確実にいるのです。

こうした人は、だいたいタワーマンションに住んでいます。
タワーマンションとは、だいたい30階建て以上のマンションです。

午前7時から9時くらいまで、こうしたマンションの前で待っていると、
毎日同じ人が乗ってくれます。

こうしたお客様をつかまえておくのはいいですね。

自然災害とタクシー

今日の新聞を見ていたら、2000年から2010年の間に、自然災害で死亡した方の数が、
1990年代の2倍に増えていることが書かれていました。

今年を振り返ってみても、東日本大震災、タイの大洪水、フィリピンの台風などで多くの方がなくなりました。

話は変わりますが、自然災害等で交通機関がまひした場合、
タクシーは大活躍します。

地震は予測できないとしても、台風や大雪などは予測できます。
こうした日に、好んで乗務を希望する運転手もいます。

自然災害が増え、高齢化が進んでいる今、
タクシーのニーズは増えていくのかもしれませんね。

ベビーカーのたたみ方

タクシーには小さいお子様、赤ちゃんも乗ってきます。
ベビーカーをトランクに入れる機会も多いです。

車いすのたたみ方は、事前講習で教わるのですが、
ベビーカーのたたみ方は教わらないことが多いでしょう。
でも、車いすよりも、ベビーカーを利用しているお客様のほうが圧倒的に多いです。

ですから、親戚や友人がベビーカーを持っていたら、
たたみ方を教えてもらいましょう。
最近のベビーカーは、だいたい同じたたみ方です。
車いすのたたみ方とは、全く違いますので、注意が必要ですね。

どのタクシー会社を選べばよいのか

最近、いろんな方から、タクシー運転手になろうと思うのだけれど、どの会社がいいだろう?
という相談を受けることが多いです。

タクシー業界というのは、会社によって、社風やノルマ、管理体制などが大きく違います。

一番良いのは、候補を何社かに絞ったら、実際にそのタクシーに乗ってみることです。
タクシーに乗ったら、正直に目的を話して、聞きたいことを聞いてみましょう。
缶コーヒーを渡せば、だいたい答えてくれますよ。

実際にタクシーを走らせてしまうと、どんどん料金が加算されてしまうので、
運転手がOKすれば、止まったままでメーターだけ入れてもらうという方法もあります。
こうすると、ワンメーターでかなりのことが聞き出せますよ。
暇な時間帯にやることがお勧めです。


その交通事故示談額・慰謝料・休業補償額は本当に妥当?

交通事故の被害にあった場合、相手側の保険会社と示談交渉をすることになりますが、多くの場合、保険会社が提示する示談額をそのまま受け取る方が多いようです。

しかし、その示談額は本当に妥当な金額でしょうか?
実は、損害賠償額の算出方法には、自賠責保険基準、任意保険基準、裁判所基準という3つの基準があります。一般に自賠責保険基準が最も低く、裁判所基準が最も高額となっています。交通事故の示談の場合、いずれの基準を用いるかによって被害者の得る金額が全く違うものとなってしまいます。

保険会社では、できるだけ損害賠償額を低く抑えるための基準を採用しがちですが、別の方法で算出した場合、より多くの損害賠償額がもらえる可能性が高いです。また、後遺症認定に関しても、被害者の方により有利な認定を得ることも可能です。

交通事故の被害に逢われた方、過失割合に疑問を持っている方は、示談書にサインする前に、下記までご連絡ください。示談書にサインした後は、再交渉は原則としてできませんので、必ずサインする前にご連絡ください。

交通事故手続きを得意とする行政書士もしくは弁護士が、示談金の増額交渉をさせていただきます。
初回は無料相談となります。

★連絡先
東京ワールド行政書士事務所
担当:浜川
mail:haitaku555@yahoo.co.jp


事故を防ぐためのちょっとしたコツ

最近の車両は、機密性が高くなっているため、窓を閉めてしまうと、ほとんど外の音が聞こえません。お客様に静かな空間を提供できるという点ではよいのですが、外の音がほとんど聞こえない状況というのも考えものです。

ベテランドライバーは、運転席の窓を、ほんの少しだけ空けておくそうです。そうすると、外の音が聞こえます。バイクが近づく音、子供の泣き声などを聞きとることにより、事故を未然に防げるのです。

また、窓を開けておくメリットは他にもあります。お客様との会話がない時、車内に気まずい空気が流れることがたまにあります。こういう時でも、窓を少しだけ空けておくと、外部の音がBGMみたいになって、気まずい空気を消してくれます。

タクシーとスマートフォン

タクシードライバーがスマートフォンを持っていると、いろいろ便利です。普通のサラリーマンよりも、利用シーンは多いような気がします。

まず、暇つぶしに使えます。無料で遊べるゲームは100以上ありますし、ニュースやユーチューブを見て時間をつぶすこともできます。

また、お客様から行き先を告げられる時、建物名しか分からないということもよくあります。住所も電話番号も分からないため、カーナビも使えません。こうした状況でも、スマートフォンが活躍します。「建物名 住所」で検索すれば、住所が分かります。

ハイヤードライバーの身辺調査

ハイヤードライバーになる際には、身辺調査が行われるそうです。まあ、誰を載せるかにもよるのでしょうが、大企業の役員や政治家を乗せるハイヤードライバーの場合、生まれたときから現在までの経歴、家族関係、交友関係など、徹底的な調査が行われます。

だから、どんなに人間的に素晴らしくても、親族にライバル会社の社員などがいると、審査で落とされます。雇う側にとっては、当然の調査になるのでしょうが、あまり気持ちのよいものではないですね。

ハイヤードライバーになるためには、身辺調査をされる覚悟も必要なようです。


タクシー会社の面接で聞かれること

タクシー会社の面接をなめてはいけません。
10年前なら、多少態度が悪くても、金髪にピアスでも、挨拶ができなくても、面接で落ちることはなかったでしょう。しかし、この不況の時代にあっては、タクシー運転手になるのも、結構大変なのです。

面接官が聞きたいことは主に2つです。
志望動機と事故歴です。転職回数はさほど気にされません。この業界は、転職を重ねている人が多いからです。

志望動機に関しては、前向きな発言をしましょう。「他に仕事がなくて・・・」などと答えるとマイナス評価です。「頑張れば頑張っただけ収入につながる」「人の役に立つ仕事だから」「運転が好きだから」といった回答がよいです。


速度違反、駐車禁止で捕まりにくい裏技

駐車禁止の取り締りには、「重点地区」と「最重点地区」があります。つまり、この重点地域を中心に取り締まりが行われています。特に民間委託されている地域はこの二つの地域になります。県によって異なりますのが、都内の場合で簡単に説明すると、重点地区はJR山手線の内側です。そして最重点地区は重点地区の中の幹線道路です。

つまり、青山通り、六本木通り、外苑東通り、外苑西通り、靖国通りなどです。
「重点地区」や「最重点地区」は公開されている場合と、公開されていない場合があります。公開されている場合は、各県や市町村のホームページなどに掲載されますので、チェックしてみるとよいでしょう。

速度違反の取締りは、主に片側二車線以上の大きな幹線道路で行っている場合が多いです。そして夜の時間に実施していることが圧倒的に多いのです。なぜなら夜になると車の絶対数が減り、スピードが出やすくなるからです。また、制限速度30km程度の住宅街の道路で行っている場合も結構あります。これは付近の住民の要請によるものです。住宅街の割に道路が広いため、スピードが出やすく、通行する車のほとんどが制限速度を無視して、実際は50km以上で走っているため、付近の住民が危ないと判断し、警察に取り締まりを要請しているのです。
 
速度違反で捕まらないためには、制限速度を一応確認しておくことが必要です。制限速度の15kmオーバーくらいであれば、計測器の誤差の範囲として捕まらないケースがほとんどです。また、先頭で走らないということも重要です。ほとんどの場合は、速度違反で捕まるのは先頭車両です。先頭車両が貧乏くじを引いてしまうのです。ですから、できるだけ二番手、三番手を走るように心掛けましょう。

高速道路などでは、オービス(自動速度計測器)が設置されています。オービスにはカメラのレンズがついていますので、歩道橋のようなものが上方にかかっていたときに注意してみていると、すぐに分かります。また、周りの車が急に速度を落とし始めたときは、近くにオービスがある可能性が高いので、同じように速度を落としましょう。高速道路の場合も先頭で走らないほうが無難です。

乗務員証は笑顔で

助手席の前に設置してある乗務員証。助手席に座ったお客様にとっては、嫌でも目に入ります。後部座席に座っているお客様でも、意外と乗務員証ってチェックしているものです。

ほとんどの乗務員が無表情かつ無愛想な写真です。ですが、もし笑顔の写真ならどうでしょうか。お客様がとても話しかけやすいと思います。自分から話しかけるのが苦手な方は、乗務員証を笑顔にしてみるのもよい方法です。笑顔で映っている運転手は珍しいので、それだけで会話のきっかけになりますし、お客様が勝手に、「この運転手さんはいい人そうだな」と勘違いしてくれる可能性大です。

笑顔で写真に写る簡単な方法は、口角(口の端)を上げることです。「ウイスキイ」の最後のイの口ですね。

深視力検査のコツ

大型免許や二種免許の取得・更新時には、通常の視力検査に加えて、深視力検査というものがあります。これが苦手や人が結構多いそうです。実は、私も非常に苦手です。というか、今までは全て当てずっぽうでボタンを押していました。しかし、さすがに何度もこの方法では通用しないだろうと思い、深視力検査の攻略法を先輩達に聞いてみました。

いくつかを紹介したいと思います。

●3本の棒の距離感を見ない。太さを見て、太さが同じになったところでボタンを押す。
●正面から見るのではなく、少し斜めから見て、距離感を測る。
●「始めます」と言われてから、3秒後にボタンを押す。

タクシーで引越


先日、友人から引越の手伝いを頼まれました。
平日の昼間、6時間くらいタクシーを貸し切って、1万円で手伝ってほしいとのこと。

売上だけ考えると、それほど旨みはないのですが、
友人なので手伝うことにしました。

段ボールが10個だったのですが、後部座席とトランクに詰め込むことができました。
段ボール10個だと、宅急便で県外に送ると1万円以上になるそうです。
だから、これくらいの荷物だと、タクシーのほうが断然お得ですね。

当日、荷物を運んでくれますし、人も運べます。
それに、完璧に梱包しなくてもOKです。

「タクシーで引越」というようなサービスも生まれてよいのではないかと思いました。



月収45万円以上稼ぐには
最近の記事
お役立ち情報
カテゴリー
ブログランキング
車関連のおすすめサイト
FC2 Blog Ranking
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。