スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育園のイベント

多くの保育園では、運動会、発表会などがあります。

こうしたイベントには、両親はもちろんですが、祖父母の方も来ることが多いです。
ほとんどの場合、駐車場の確保が難しいため、保護者の方は車ではなく徒歩やバスで来園することになります。

行きはそれでよいのですが、帰りはだいたい子供たちと一緒に帰ります。
そして、外食して帰るというケースが多いのではないでしょうか。

こうした人の流れを読み、上手に営業している人がいます。
自分の得意な地域の保育園のホームページをチェックし、
イベントが終わる時間に、タクシーを付けておくと必ずお客様が乗ってくるそうです。

スポンサーサイト

大使館・領事館からタクシーに乗るお客様

大使館や領事館からタクシーを利用いただくお客様がいます。

先日も中国大使館から乗せたのですが、
オーバーステイの外国人の方でした。

詳しい話を聞くと、最寄駅まで行くまでに警察署があり、
大使館からの帰りに警察に捕まることがあるため、
大使館に行くときはいつもタクシーを利用しているそうです。

また、最寄駅から大使館に行くときもタクシーだそうです。

こういったお客様もいるのですね。
奥が深いです。

相乗りのお客様歓迎

おばさん達は、タクシーに乗る時、明らかに方向が同じ人がいる場合、よく相乗りを提案しています。
「相乗りしませんか?」というと、たいてい喜んでOKしてくれるみたいです。

でも、なかなか言い出せない人もいますよね。

そこで、タクシー運転手側から相乗りを提案してみたらどうなのか、実験してみました。
場所は、都内某所。タクシー乗り場はないけれど、いつも空車のタクシーが並んでいる場所です。

他のタクシーから、ちょっと顰蹙を買うのを覚悟し、「●●駅まで相乗り歓迎します」という紙をダッシュボードに掲げて待っていると、いつもより待ち時間が少なかったです。

「ワンメーター歓迎します」という紙を置いておくと、さらに待機時間が少なくなりました!!

やはり、お客様もワンメーターの距離では、遠慮して載ってくれないこともあるのですね。

ワンメーターのお客様でもとにかく早く乗ってほしい時、おすすめの方法です。

リピーターを増やすための付加価値サービス

前にも書きましたが、リピーターをどれだけ増やすことができるかが、売上に大きく影響します。
特に、地方ではそうでしょう。

そこで、高売上をたたき出す運転手が実践すう付加価値サービスを紹介しましょう。
・夏場には、おしぼりを出す。(おしぼりは自腹)

・夜のロング客用のスリッパを用意しておく。
疲れているお客様は靴を脱ぎたいものです。

・簡易型マッサージチェアを用意しておく。
後部座席に敷くだけでマッサージチェアになるものが販売されています。

稼いでる人は、いろいろ工夫しているのですね。

スナックのママさん に営業する

スナックのママさんと親しくすると良いことがあります。
別に、エッチなお誘いがあるわけではありません。

スナックに来るお客様を紹介してもらうのです。
スナックのお客様はお酒を飲んでいますから、帰りはタクシーを使うことが多いです。

スナックのママさんと親しくなる方法は簡単です。
ママさんを乗せたら、タクシー料金を無料にしてあげるのです。その代わり、お客様を紹介してもらいます。
ただし、強制ではありません。

「今度の出番のとき、閉店前に電話しますので、タクシーを利用してくれそうなお客様がいそうだったら教えてください」とお願いしておきます。
そうすると、だいたい教えてくれます。もちろん、日によっては、タクシーを利用するお客様がいない場合もありますが、長距離のお客様を紹介してくれることだってあるのです。


撮影・音楽スタジオも狙い目

スタジオを利用する人も、よくタクシーを利用してくれます。
狙い目のスタジオは駅から遠いことです。

なぜタクシーの需要があるかというと、機材が非常に重いからです。
また、撮影や収録が深夜におよぶことも多いのです。

中規模以下のスタジオの場合、大きな看板もなく、目立ちにくいため、そこで付け待つタクシーも少ないです。
ライバルが少ないというのは、楽ですよ。

スタジオを見つけるコツは、窓がない建物を探すことです。
インターネット等であらかじめ、住所を調べておき、その辺りに窓のない建物があったらスタジオの可能性大ですね。

メーターを止めて待つ

お客様を降ろした場所が、人通りが少なく、流しのタクシーが走っていないような場所だった場合、メーターを止めて待つという選択肢もあります。

お客様に、「帰りもタクシーですか?」と聞いてみましょう。時間帯やどれくらい待つのかもにもよりますが、確実にお客様をGETできる方法です。それに休憩にもなります。

私がよく実践しているのは、駅から離れた工場や建築現場などに向かうスーツを着たお客様です。こうしたお客様は、1時間くらい打ち合わせをして戻ることが多いので、だいたい待つようにしていますね。

これぞ裏技、とっておきの営業法

私の友人のドライバーは、「大田区の神様」と呼ばれ皆から尊敬されていたのですが、
ときどきとんでもない営業をやっていました。
彼はもう退社し、時効だと思うので、紹介することにします。

その営業法とは、付け待ちしているライバルの空車を追い出すというものです。
深夜になると、駐停車違反の場所に何台も空車タクシーが並んでいることがあります。
こういう場合、警察に電話して、先に並んでいたタクシーを追い出してもらうのです。

通報してから30分もたつと、空車タクシーがきれいにいなくなるそうです。
そこへ、悠々とタクシーを止め、しばらく待っていると、お客さんが乗り込んでくるそうです。

あまりやっていると、いろいろ問題がありそうですが、場所を変え、ときどきやる分には、全く問題なかったそうです。

タクシーで月収45万円稼ぐノウハウ集

タクシー 深夜に稼ぐ裏ワザ

昨今の不況により、深夜の繁華街は空車タクシーであふれています。
まるで、長大なタクシー駐車場のようです。

昨日、会社のミーティングでこんなアイデアが出ました。
深夜の時間帯で時間制の料金を導入してはどうかというものです。
つまり、1時間4,500円で貸切にするというものです。
これを近隣の飲食店や大企業に営業してはどうかというアイデアです。
この案だと、方向が同じ3人が乗っても、2時間以内であれば、9,000円ですみます。
何時間も待って、結局お客さんを獲得できないよりはいいですね。

しかし反対者が多く、否決されました。
まあ、もともと稼ぐ人にとっては、売上が下がるから当然ですね。

私の会社では否決されましたが、何かの参考になれば幸いです。

タクシーで月収45万円稼ぐノウハウ集

タクシーの稼ぎ方 ホテル編

ホテルで効率的に付け待ちをするために、以下のことを調べておくと役立ちます。

●チェックアウト時間
 ホームページに載っています

●当日のイベント情報
 インターネットでの検索が便利です。
 例えば、「2008年5月17日 ホテルオークラ」というキーワードで検索すると、当日のイベント情報が得られます。そこからイベント終了時刻を予測(予定終了時刻が記載されている場合も多い)できます。

●空港からのリムジンバスの到着予定時間
 リムジンバスは、概ね予定時刻に到着します。ですから、事前にバスの到着時刻を入手しておきましょう。以下のアドレスから調べられます。

http://www.limousinebus.co.jp/timetable/fla_narita.html

外国人のお客さんからチップをもらう方法

外国人のお客さんの場合、釣りをごまかそうかと思うときがある。
特に、どの硬貨が何円なのか分からず、料金を支払うときに時間がかかっていると、ごまかしても分からないかもと思う。

しかし、ごまかすのはやめたほうがよい。
ばれたら大変なことになるからだ。
単なる接客不良のクレームではすまされない。

なぜばれるのかというと、降りるときにガイドなどが外で待っていてお釣りの額を見ていることがある。また、ホテルのベルボーイなどに釣りを確認することもあるのだ。
ホテルでそんなことがあったら、運転手だけでなく、その会社の車が出入り禁止になる。

だから、相手が外国人だからといって、油断しないほうが良いのだ。
逆に、お釣りをゆっくり見せて、札ごと、硬貨ごとに一緒に数えるようにすると、チップをくれる。だいたい硬貨は全部もらえるのだ。

タクシーで月収45万円稼ぐノウハウ集

タクシー 羽田空港で付け待ち

先日、超久しぶりに羽田空港で付け待ち営業をしてみた。
羽田空港のタクシー待機所は、かなり分かりにくい場所にある。
誘導案内板など出ていないので、知っている人でないと絶対に行けないようになっている。
そして、待機所から到着ロビーのタクシー乗場までの行き方がまた分かりづらい。幾つかの乗場があり、空港内を一周してからでないと、行けない乗場もある。

こんなに難しい行き方だと、新人が困るじゃないかと思って、この道20年の先輩に聞いてみると、意外な答えが返ってきた。

空港内は分かりにくいほうが良い。つまり、分からない奴は来るなということらしい。実際、空港内で他の空車ドライバーに待機所などの行き方を聞いても教えてくれないことがある。一般道では考えられないことだ。だから、空港内の経路くらいは事前に誰かに聞いておけということらしい。

また、空港でお客さんを乗せると、どこに行くか分からない。23区内はもとより、多摩地区、千葉、埼玉、茨城あたりまで、地名とだいたいの場所くらいは知っている必要がある。
だいたいの場所さえ分かっていれば、あとはカーナビでOKだ。
空港の場合、カーナビを使うことをお客さんがすんなりと了承してくれるから楽だ。行き方も知らないのかと言われることも滅多にない。
俺の前にいた個人タクシーの運ちゃんも、堂々とカーナビを設定していた。

タクシーで月収45万円稼ぐノウハウ集
月収45万円以上稼ぐには
最近の記事
お役立ち情報
カテゴリー
ブログランキング
車関連のおすすめサイト
FC2 Blog Ranking
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。