スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その交通事故示談額・慰謝料・休業補償額は本当に妥当?

交通事故の被害にあった場合、相手側の保険会社と示談交渉をすることになりますが、多くの場合、保険会社が提示する示談額をそのまま受け取る方が多いようです。

しかし、その示談額は本当に妥当な金額でしょうか?
実は、損害賠償額の算出方法には、自賠責保険基準、任意保険基準、裁判所基準という3つの基準があります。一般に自賠責保険基準が最も低く、裁判所基準が最も高額となっています。交通事故の示談の場合、いずれの基準を用いるかによって被害者の得る金額が全く違うものとなってしまいます。

保険会社では、できるだけ損害賠償額を低く抑えるための基準を採用しがちですが、別の方法で算出した場合、より多くの損害賠償額がもらえる可能性が高いです。また、後遺症認定に関しても、被害者の方により有利な認定を得ることも可能です。

交通事故の被害に逢われた方、過失割合に疑問を持っている方は、示談書にサインする前に、下記までご連絡ください。示談書にサインした後は、再交渉は原則としてできませんので、必ずサインする前にご連絡ください。

交通事故手続きを得意とする行政書士もしくは弁護士が、示談金の増額交渉をさせていただきます。
初回は無料相談となります。

★連絡先
東京ワールド行政書士事務所
担当:浜川
mail:haitaku555@yahoo.co.jp


スポンサーサイト
月収45万円以上稼ぐには
最近の記事
お役立ち情報
カテゴリー
ブログランキング
車関連のおすすめサイト
FC2 Blog Ranking
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。