スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運転に自信がないなら

運転に自信がなくてもタクシー運転手にはなれます。
運転が下手でもなれると思います。

私自身、地方出身で、運転手になるまでは年に数回レンタカーを利用するくらいでした。
しかも、旅行でしか乗ったことがないので、走る道路といえば、高速道路か田舎の広い道路です。
そんな私でも、一応無事故でやっているのですから、なんとかなるものです。

でも、どうしても運転に自信がないなら、
小型車を担当させてもらうという方法があります。
小型車は通常の車種よりも、約50cmも縦に短いのです。
だから、狭い道路でも小回りがききますし、Uターンが楽です。

また、最近では、クラウンやセドリックというタクシーの定番車種ではなく、
シビックやファンカーゴをベースにしたタクシーも登場しています。
そうした小型車種を持っている会社を選ぶというのもよいですね。

スポンサーサイト

タクシー運転手の制服

タクシー運転手の制服は、会社によってずいぶん違います。
小汚い制服があったかと思えば、有名なデザイナーに作ってもらった制服もあります。
後者の会社では、制服のリース代として、年間18,000円もとるそうです。

それから、制服の着こなし方にも、会社によってルールがあります。
夏でも上着の着用を義務付けている会社もあれば、ネクタイさえ締めていればOKの会社、
制服を着なくてもOKの会社といろいろです。

あまり服装に関する規定がうるさいと窮屈ですね。
面接では、その点も、詳しく聞いたほうがよいですね。

障害年金

先日、障害年金を受けている方をお乗せしました。
まだ20代の方なのですが、足に障害があり、年間約90万円の障害年金をもらっているとのことです。
これに加えて、生活保護もあるため、働かなくても、年収が250万円になるそうです。

下手をすれば、売上が下位の運転手よりも高いかもしれませんね。

その方は、これからも働く意思はなく、
毎日、競艇をしているそうです。

まあ、人の人生なので、とやかく言うつもりはありませんが、
働けるうちは、精いっぱい働こうと思いました。

無事故歴25年の運転手

こないだ、無事故歴25年という運転手の話を聞きました。
売上的には決して優秀ではなく、平均よりちょっと下の方なのですが、
無事故の報奨金を半年に1回もらえ、年々その額がかなり大きくなっているため、
収入は平均より上だそうです。

無事故のコツを聞いてみました。
・明け日にクラブ活動をしない。
・明け日に必ず4Km歩く
・休憩は4時間以上取る
・運転している時は、運転を楽しむ。

その人ならではのこだわりが感じられましたが、
無事故のために努力されているのですね。
月収45万円以上稼ぐには
最近の記事
お役立ち情報
カテゴリー
ブログランキング
車関連のおすすめサイト
FC2 Blog Ranking
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。