スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無線配車について

先日、無線配車を管理している無線センターに見学に行ってきました。

タクシーの無線には、アナログとデジタルがあります。
アナログの場合、オペーレーターが音声で全部の車に情報を流し、
一番早く反応した車が無線をGETできるという仕組みです。
いわば、テレクラみないなものです。
例えば、「○○駅、5分」という音声が流れると、
○○駅まで5分で行けると判断したドライバーが一斉に了解ボタンを押すのです。

一方、デジタルの場合、コンピューターが一番近くにいる空車を探して、その空車だけに信号を送ります。だから、他の車は無線があったことも分かりません。

アナログとデジタルには一長一短があります。
あえて、デジタルを導入しない会社もあります。
アナログは、ドライバーの判断で無線をとれるので、到着時間が比較的正確ですし、
聞き間違いがない、住所などをメモする必要がないという点ではデジタルのほうが優れています。

いずれにしても、曜日別、時間別、エリア別に無線配車回数のデータがでているはずですので、そのデータを一度みておくとよいでしょう。
流し営業の参考になるはずです。

タクシーで月収45万円稼ぐノウハウ集
スポンサーサイト

コメント

Secret

月収45万円以上稼ぐには
最近の記事
お役立ち情報
カテゴリー
ブログランキング
車関連のおすすめサイト
FC2 Blog Ranking
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。