スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速度違反、駐車禁止で捕まりにくい裏技

駐車禁止の取り締りには、「重点地区」と「最重点地区」があります。つまり、この重点地域を中心に取り締まりが行われています。特に民間委託されている地域はこの二つの地域になります。県によって異なりますのが、都内の場合で簡単に説明すると、重点地区はJR山手線の内側です。そして最重点地区は重点地区の中の幹線道路です。

つまり、青山通り、六本木通り、外苑東通り、外苑西通り、靖国通りなどです。
「重点地区」や「最重点地区」は公開されている場合と、公開されていない場合があります。公開されている場合は、各県や市町村のホームページなどに掲載されますので、チェックしてみるとよいでしょう。

速度違反の取締りは、主に片側二車線以上の大きな幹線道路で行っている場合が多いです。そして夜の時間に実施していることが圧倒的に多いのです。なぜなら夜になると車の絶対数が減り、スピードが出やすくなるからです。また、制限速度30km程度の住宅街の道路で行っている場合も結構あります。これは付近の住民の要請によるものです。住宅街の割に道路が広いため、スピードが出やすく、通行する車のほとんどが制限速度を無視して、実際は50km以上で走っているため、付近の住民が危ないと判断し、警察に取り締まりを要請しているのです。
 
速度違反で捕まらないためには、制限速度を一応確認しておくことが必要です。制限速度の15kmオーバーくらいであれば、計測器の誤差の範囲として捕まらないケースがほとんどです。また、先頭で走らないということも重要です。ほとんどの場合は、速度違反で捕まるのは先頭車両です。先頭車両が貧乏くじを引いてしまうのです。ですから、できるだけ二番手、三番手を走るように心掛けましょう。

高速道路などでは、オービス(自動速度計測器)が設置されています。オービスにはカメラのレンズがついていますので、歩道橋のようなものが上方にかかっていたときに注意してみていると、すぐに分かります。また、周りの車が急に速度を落とし始めたときは、近くにオービスがある可能性が高いので、同じように速度を落としましょう。高速道路の場合も先頭で走らないほうが無難です。
スポンサーサイト

コメント

Secret

月収45万円以上稼ぐには
最近の記事
お役立ち情報
カテゴリー
ブログランキング
車関連のおすすめサイト
FC2 Blog Ranking
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。