スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世田谷を制する者がタクシーを制す

この業界では、いくつかの格言がある
その一つが、標題となっているこの言葉だ。

なぜ、世田谷を制する者がタクシーを制することになるのか?
簡単に言うと、お客さんが多い割に、空車タクシーが少ないということだ。つまりライバルが少ないということ。はっきり言ってこれは楽だ。港区などでは、走っている車(タクシーじゃなくて車だぜ!)の3台に1台は空車タクシーという光景がよく見られる。しかし、世田谷区内、特に住宅街では、前方にタクシーの姿が見えないことがほとんどだ。

だから、多くのドライバーが、世田谷を制覇しようと果敢に挑むのだが、あえなく退散していくことになる。

なぜかというと、道が狭くて複雑で、おまけに一方通行がやたらと多いから。普通、住宅街の細い道に入り込んでしまっても、少し走れば、少なくとも片側一車線の道路には出る。しかーし、世田谷区の場合は違うう。どこをどう曲がっても、一方通行の細い道につながる。加えて、あちこちに行き止まりがある。タクシー車両というのは意外と前後が長く、一方通行の道でUターンするのは至難の業だ。道に迷って時間をロスして、お客さんにも文句を言われ、料金をただにして、おまけに帰り道でも迷ってしまい、Uターンするときにバンパーを擦ったりなんかしていると、「もう二度と世田谷には来るか」「あばよ、世田谷」ということになり、ますますライバルが減っていくのである。

世田谷区というと、お金持ちが住んでいるというイメージがあるが、これは真実だと思う。世田谷区を流していると、無線がおもしろいように取れるからだ。事実、世田谷区を中心に営業しているドライバーは、ほぼ間違いなく売上が良い。

私が思うには、もしこの仕事を3年以上続けるつもりなら、世田谷区を覚えたほうが良い。一時的に売上は下がると思うが、長期的に見た場合、世田谷区を覚えたほうが効率的に稼ぐことができるからだ。

タクシードライバーで月収45万円稼ぐノウハウ集
スポンサーサイト

コメント

Secret

月収45万円以上稼ぐには
最近の記事
お役立ち情報
カテゴリー
ブログランキング
車関連のおすすめサイト
FC2 Blog Ranking
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。